企業向けコラム

外国人の就労ビザとは?採用担当は知っておきたいビザの話

更新日:

外国人労働者の就労ビザとは

外国人が日本で働くにはビザが必要!

日本国内では深刻な人材不足に悩み、人手不足が原因で倒産する企業も増えています。
そのため、近年では人手不足を補うために、外国人人材を雇用する企業も多くなってきました。

しかし、外国人人材を雇用するうえで「ビザ」の問題に頭を悩ます方も多いのではないでしょうか?
外国人人材を雇用するには、雇用形態のよって種類は変わりますが、ビザが必要となります。

今回は外国人人材の正社員採用、長期の雇用をするために必要な「就労ビザ」について説明していきます。

就労ビザってどんなビザ?

就労ビザとは、外国人が日本で働くことを目的としたビザです。
基本的に外国人人材を雇用する際には、必要なビザとなります。

この就労ビザを取得するためには、入国管理局での審査が必要となります。
審査項目は就労ビザの種類にもよりますが、以下が重要となります。

  • ビザ申請する人の学歴
  • ビザ申請する人の職歴
  • 受け入れ企業の事業の収益性
  • 受け入れ企業の安定性
  • ビザ申請する人の職務内容

就労ビザの申請は、少し難しいように感じるかもしれません。
しかし、取得できれば外国人労働者の長期雇用が可能になります。

※エンジョブでは、ビザ申請のサポートをいたしますのでご安心ください。

就労ビザは更新すれば期間の縛りがなく日本に在留できる

外国人労働者や外国人材と聞くと、「短期雇用」や「数年で帰国しなければいけない」と思われる方が多いと思います。

エンジョブに登録している企業の採用担当様も当初は、

「外国人人材は長期雇用できないでしょ?」

「本人が満足しているなら生涯ウチで働いてもらいたい」

と言った声も多く、将来有望な外国人人材を長期雇用したいという企業も多いです。

しかし、「就労ビザ」を取得できれば、そういった心配は不要です。
本人が望む限り、ビザを更新し続ければ、雇用期間を気にせず日本で働くことが可能となります。

長期雇用を目的として外国人採用をお考えの企業様は、就労ビザを取得できる人材を採用することをおすすめします。

ただ、すべての職業で就労ビザが取得できるわけではありません。

就労ビザが取得できる職業とは?

就労ビザを申請する際に注意したいのは、ビザを申請する人の職務内容です。
現在、日本で認められている主な業種は下記になります。

  • 経営・管理
  • 医療
  • 教育
  • 研究
  • 技術・人文知識・国際業務
  • 技能
  • 企業内転勤

・・・など

特に外国人技術者を雇用される企業に多い、エンジニアやプログラマーは「技術・人文知識・国際業務」にあたります。

技能実習生は厳密には就労ビザではない

外国人の人材を雇用する際によく耳にする技能実習生。
技能実習生は厳密にはは就労ビザではなく、「技能実習ビザ」となります。
そのため、基本的には最長3年間しか日本で働くことができません。

長期雇用や会社の中核を担う人材を育成するのであれば、「就労ビザ」を取得した、外国人技術者をおすすめいたします。

-企業向けコラム

ご相談・お問い合わせ窓口

外国人の採用に関するご相談・お問い合わせは下記よりお願いいたします。

当サイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

※通常1~2営業日以内にメールもしくは電話にてご連絡いたします。

電話でのお問い合わせ

044-873-8685

※営業時間:9:00~18:00

世界を人でつなぐ

私たちは、人材ソリューションのプロフェッショナルです。

少子高齢化による人口減少が加速する日本では、労働力人口が減少し、優秀な人材の採用が難しくなっています。
そこで注目されているのがベトナム人をはじめとするグローバル人材。
高度な専門教育を受けた人材は、決して日本人に引けを取りません。

実際に当社では、2017年より外国人人材の採用を開始。
2020年8月現在は「技術」ビザで設計業務やITエンジニア、「人文・知識」ビザで通訳事務の社員が活躍しています。
彼らの仕事ぶりと日本社会の現状を合わせ見ることで私たちは、「外国人労働者の可能性」を見出し、
令和元年、外国人人材と企業の架け橋となるプロジェクト『エンジョブ』を始動しました。

株式会社エンジ(ENZI Co.,Ltd.)

Copyright© ENJOB , 2020 All Rights Reserved.